RSSフィード:Posts Comments

ホーム » 店舗一覧, 鬼太郎茶屋 » 鬼太郎茶屋 調布市深大寺

鬼太郎茶屋ロゴ

鬼太郎茶屋ブログ鬼太郎茶屋イベント

鬼太郎茶屋

コンセプト

長い間日本人に親しまれて来た「ゲゲゲの鬼太郎」。その作品の底に流れるテーマは「自然との共存」です。人や妖怪だけでなく、鳥や動物や虫たち、地球上に住む すべての生き物との共存が表現されています。そんな「水木ワールド」を水木氏の第二の故郷でもある都内でも有数な緑豊かな地域、調布市「深大寺」門前に 再現致しました。緑に囲まれた築40年余りの木造建築「鬼太郎茶屋」は、 訪れた皆様をきっと懐かしい世界に御案内し、自然の素晴らしさを体感させてくれることでしょう。

店舗情報

住  所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-12-8 ※深大寺門前
お問合せ:TEL 042-482-4059 FAX 042-441-1683
メールは「妖怪ポスト」からお願いします
営業時間:AM10:00~PM5:00 / 飲食のオーダーストップ PM16:30 / ギャラリー最終入場は16:45
※年末年始の営業についてはイベント情報をご覧ください
定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日に振替)

店舗案内

■妖怪ショップ ゲゲゲの森(1階)

どこか懐かしい雰囲気が漂う駄菓子屋風の店内にところ狭しと並ぶのは、楽しくてほのぼのとした妖怪グッズたち。童心に返ってお気に入りのグッズをお探しください。※ここでしか手に入らない限定グッズもあります。

鬼太郎茶屋 妖怪ショップ ゲゲゲの森 外観鬼太郎茶屋 妖怪ショップ ゲゲゲの森 店内 【鬼太郎グッズ】
・文具、雑貨、アクセサリー、繊維製品

【書 籍】
・水木しげる著作本、関連書籍

【食 品】
・お菓子類、ミネラルウォーター、他

■妖怪喫茶(1階)

店内にはぬりかべのベンチや妖怪たちがお出迎え。窓の外にも緑の中に妖怪たちが隠れています。温かい雰囲気の中で、オリジナルの妖怪メニューを召し上がれ。

鬼太郎茶屋 妖怪喫茶

お品書き
●一反もめんの茶屋サンデー(抹茶・黒みつ)●目玉おやじの栗ぜんざい●ぬり壁のみそおでん●妖怪抹茶せっと●二十世紀梨ソフトクリーム・大山牛乳ソフトクリーム●目玉のおやじまん
※この他にも、イベント・季節限定メニューや水木先生のふるさと・山陰「鳥取県」の逸品も味わえます。

【妖怪メニュー】・目玉おやじの栗ぜんざい、ぬり壁のみそおでん他

【飲料メニュー】・抹茶、ジュース類、鳥取地酒、妖怪酒、鬼太郎ビール、他

【その他】・鳥取県特産食品(あご野焼き蒲鉾、ところてんなどの季節メニュー)

■癒しのデッキ(2階)

鬼太郎茶屋 癒しのデッキ目の前に広がるのは深大寺の「亀島弁財天池」と私たちを包むように生い茂る緑の木々たち。さあ、自慢の木製デッキで、「ホントにここが東京?」と目を疑うような自然を満喫してください。癒されることうけあいです。

■妖怪ギャラリー(2階)

「その昔はどこにでも妖怪はおった。」そんな想いを独特のタッチで描いた水木しげる氏。ここ「妖怪ギャラリー」では、水木先生が描いた貴重な妖怪画や「妖怪日本地図」とともに、妖怪たちの世界と「水木ワールド」を感じていただけます。

妖怪ギャラリー妖怪フィギュア妖怪ギャラリー妖怪画
※不定期で展示内容が変わります。

・水木氏の紹介、妖怪フィギュア、著作等各種展示 ・境港市「水木しげるロード」他、ふるさと紹介

アクセス方法

電車をご利用の場合
■京王線
「調布駅」「つつじヶ丘駅」北口より京王バス『深大寺行』約15分。終点下車すぐ。
■JR中央線
「吉祥寺駅」「三鷹駅」南口より小田急バス『深大寺行』約20分。終点下車すぐ。

お車をご利用の場合
■中央高速
「調布インター」下車、甲州街道を新宿方面へ。「下石原交番前」信号を左折、武蔵境通りを直進。
「深大寺入口」信号を右折、深大寺通りを直進。
左手に京王「深大寺」バス停があり、その真裏。
※当店は参道沿いのため、車両は通行できません。
※バス停付近での乗降はご遠慮ください。
※駐車は近くの有料駐車場をご利用ください。

 


関連記事はありません。

© 2011 妖怪舎通信 All Rights Reserved. RSSフィード:PostsComments